伊勢丹府中店が閉店!閉店後の跡地はどうなる?

レジャー
スポンサーリンク

府中という街は
東京から少し離れているのに
新宿まで京王線で20分という距離にあります。

府中から高尾山までたった25分。
交通の便も良いし
アカデミックな美術館や 博物館 &大学もあります。

近くを流れる多摩川沿いには卸売市場。
競馬場や競艇場のお陰で税金面で恩恵を受けています。

緑豊かな公園も多く散在し
仕事と日々の生活
学びと遊び、
ヒストリカルな面を全て併せ持っている街
と言えます。

そんな府中にあった 伊勢丹府中店が
閉店して久しく経ちました。

物が売れない時代
安いだけでは物は売れません。
安くて
コスパが良くて
質の良いもの
クウォリティーの良いものが求められているのです。
しかも
オリジナリティーは必須。

そんな消費者の意識変革の仲
デパートは苦境の時代
次々と閉鎖を余儀なくされています。

人間と同じ
行く人
来る人
すれ違う人
止まる人
流れゆく時間

そんな時代に合って
伊勢丹府中店が閉店!の跡地についてリサーチしてみました。

スポンサーリンク

伊勢丹府中店が閉店!

あちこちのデパートや
施設が閉店の嵐。
景気は回復と政府は言うけれど疑ってしまいます。

「地方百貨店冬の時代」 と言われるが
人口増の中堅都市圏の府中でさえ
閉鎖の波が押し寄せてるのは時代の流れなのでしょう。
百貨店が時代に合わなくなりつつある点があるにてもやはり寂しいです。

「地方百貨店冬の時代」と言われる一方、
川崎さいか屋
相模原伊勢丹
府中伊勢丹
千葉三越
松戸伊勢丹
柏そごう
船橋西武
春日部西武
筑波西武など人口増の首都圏でさえも
閉鎖の波が押し寄せてるのは時代の流れなのかな。
百貨店が時代に合わなくなりつつある点があるにてもやはり寂しい。

ありがとう伊勢丹府中!さようなら伊勢丹府中!
本当に本当にお世話になりました!!
寂しいですが、閉店です。

2019年9月にはフェスタが実施されていたのに…。

伊勢丹府中店 は府中市唯一の百貨店でした。

伊勢丹 府中店は、
1996年4月に多摩地区最大の百貨店として京王線府中駅にオープンしました。

2019年9月30日(月)に閉店した
京王線府中駅前の中心市街地にありながら
閉店したことによって
市民の残念な気持ちは両手では抱えきれないほどです。

伊勢丹府中店が閉店の理由は?

百貨店離れは止めることができません。

物が売れない時代
安ければ売れる
商品が良ければ売れる
の時代はずーっと昔に過ぎ去っています。

1996年4月に開店した伊勢丹 府中店の
オープン当時の売上が「261億円」でしたが
翌年から赤字が続いたようです。

2018年3月期には、
売上がピーク時の半分くらいで「148億円」まで下落してしまいました。

母体である三越伊勢丹HD(ホールディングス)は、
採算が取れないとして閉鎖に踏み切ったようです。

伊勢丹府中店が閉店!閉店後の跡地はどうなる?

市民に有益な施設が建ってほしいです。

跡地問題がいまだに解決しないまま…。

伊勢丹府中店跡地の問題は市長選ではスルーされました。
再開発完了とともに終わったんでしょうか、府中駅前再開発は。
くるる のトイザらスも閉店する なんて本当に困った状況。

跡地も決まらず閉店してからずいぶん経ちました。

伊勢丹府中店が撤退して4カ月
どうなるんだろう
一日の乗降客数9万人の駅の真ん前
ケヤキ並木沿いだし、
すぐ近くの大國魂神社は参拝客やお散歩の人も多いしお祭りもあって、いいところ
すごく勿体ないな

伊勢丹府中店の跡地は、
固定資産税など含む
高すぎる賃量がネックになって借り手がつかないようです。

跡地のテナント決まらず
近隣住民も怒っています。

駅前の一等地が廃墟ビル(旧伊勢丹府中店)で、
今後の計画まだないとかありえないです!
立ち退きまでさせて、くるるとル・シーニュつくったのに。
しかも、
ル・シーニュの駐車場と駐輪場は使いづらい上に利用料が高いです。

伊勢丹府中店は閉店しましたが、
フォーリスは営業しています。
伊勢丹跡も、専門店街になってもいいな。

府中駅南口にあった伊勢丹府中店は閉店してしまいましたが、
フォーリスを始め
一部の店舗は営業 しています。

跡地を舟券売場にしようとしてる人がいるってマジ? 
近隣住民としては絶対イヤなのだが。

伊勢丹府中店があったのは
京王線府中駅前の中心市街地でした。

それ程迄好立地でありながら、跡地利用は未定のままです。

2020年1月12日(土)現在も
未だにテナント決まらず、閉店のままです。

府中市議会では
ショッピングモールなどを手掛ける商業デベロッパーの
㈱フォルマと三越伊勢丹ホールディングスの間で契約が成立しており、
今後のことは協議の最中とのことです。

また㈱フォルマと三越伊勢丹HDの協議の進捗状況は
「新たな商業施設を誘致することを目指しているが、現段階ではまだわからない」
との発表がなされています。

また、過去に閉鎖された伊勢丹を例に考えてみます。
伊勢丹相模原のA館・B館(2016年閉鎖)や
伊勢丹松戸店(2018年閉鎖)などの跡地はどうなったかというと、

  • A館:高層マンション(地上15建て 136戸)
  • B館:雑居ビル(建物自体はそのまま利用)&駐車場
  • 伊勢丹松戸店:商業施設

となっていますので
マンションや
商業施設、
雑居ビルなどの選択肢はいろいろあるようです。

現在
ショッピングモールなどを手掛ける商業デベロッパーの㈱フォルマと
三越伊勢丹ホールディングスの協議では、
「新たに商業施設を作る」
との話も出ているようですが
明確な発表はありません。

伊勢丹府中店が閉店!の口コミは?

・跡地利用が未定と聞き、すぐ次の店が入ると思って、あまり危機感を持っていなかった。

・年を取ったので新宿まで行きたくない。早く閉店後の店を決めてほしい。

・伊勢丹府中店の閉店は、来夏の東京オリンピックに向け、誘客を図ろうとしていた市には大きな打撃になったとおもいますよ。

・HDとビル管理会社は今も「協議中」と言葉を濁しているとのこと。
跡地利用が決まれば市民の期待も膨らむ。賑わいのあったエリアになるために跡地利用を早く決めてほしい。

伊勢丹府中店が閉店! など百貨店の撤退が止まらない!

百貨店はどんどん閉鎖されています。
時代の流れは
百貨店には向いていません。

今後はどのような時代が来るのでしょう。

東京新聞

多摩地区の百貨店の閉鎖状況です。

ドンドンデパートは撤退しています。
総合ビル
複合ビル
へと姿を変え
新しい時代は今後
何を求めていくのでしょうか?

いずれにしろ
需要と供給のバランス。
近隣住民の求めるものを与えられない店舗は今後も
閉鎖せざるを得ない時代になるのでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました