台風19号が関東地方へ接近?2019最新米軍ヨーロッパの進路予想は?

生活
スポンサーリンク

フィリピンの言葉で【すばやい】という意味の
台風19号 (ハギビス) が、「非常に強い」勢力で
今週末の3連休(2019年10月12日~10月14日)
日本列島(関東地方)へ接近する可能性があると
気象庁が発表しています。

大型の台風19号(ハギビス)は
猛烈な勢力に姿を変えて
10月7日現在南東の海上を西寄りに進んでいます。

今後は北寄りに進路を変えながら進むと
気象庁や米軍は予想しています。
そして
日本列島(関東)に接近して来るようです。

2019年は台風の当たり年と言われ
各地に甚大な被害を及ぼし
数々の爪痕を残して去ってゆくのです。

もしも
これが人間が自然に与えた影響の結果だとしたら
早急に
人間たちも対応を迫られていることになります

大自然を前に
共存していく方法を探っていかなければならないのです。

ドラエモンに助けてもらえたら
どんなにいいかと、切望してしまいます。

スポンサーリンク

台風19号気象庁の最新進路予想

米軍、気象庁とも台風19号の進路予測が更新されました。
朝よりやや東寄りに修正され、
現時点で15号と全く同じ、
東京湾に入って千葉県を横断するコースです。

⇒台風19号関東地方(東京) に上陸?の記事はこちらをクリック

台風19号による鉄道・飛行機の運休状況はこちらで確認

上の天気図を見て分かるように
関東地方に上陸の可能性が高くなってきました!

充分な準備と備えが必要になりそうです。

10月9日と10月10日はつかの間の秋晴れ

台風19号の甚大な被害が懸念される中
10月9日と10日は晴れる模様です。
日中は日差しが眩しいくらいで、絶好の洗濯日和になりそうです 。

週間 秋晴れつかの間 3連休は台風で大荒れ
2019年10月08日12:04

それに引きかえ
10月12日(土)~10月14日(月)の3連休は
台風19号の影響をもろ受けそうです。

⇒台風19号関東地方(東京) に上陸?の記事はこちらをクリック

台風19号による鉄道・飛行機の運休状況はこちらで確認

3連休の日本は土曜日を中心に大荒れ

今後も台風の動きに充分お気を付けください。

気象庁による台風19号の進路予想

12日にはこのような予想

<12日15時の予報>
強さ非常に強い
存在地域奄美群島近海

図のように進路を取れば
10月12日には 奄美群島 に接近します。

近隣に住むあなたは
命を守る対応をお願いします。

上の図をもう少し細かくしたのが下の図です。

本当に怖いくて強い台風なのが分かります。

気象庁の予想だけではなく
精度に定評のあるアメリカ米軍による進路予想も確認しておきましょう。

台風19号 アメリカ米軍による進路予想

細かな部分はさておいて
気象庁と米軍の進路予想は同様の感じがします。

米軍進路予想は
3連休初日の10月12日(土)15時には
紀伊半島沖に進み、
中心付近の気圧は950hPa、
中心付近の最大風速は45m/sと
非常に強い勢力で日本列島に接近する予想です。

台風19号 アメリカ米軍による進路予想!精度に信頼あり

アメリカ・ハワイの米軍合同台風警報センター(JTWC)は
10月7日18時の時点では
日本の気象庁の予想と同様ですが
若干、西寄りの進路を予想しています。

SNS上では「米軍は毎回、精度が高い」などと評判になっています。

台風19号の影響で、10月9日(水)~12日(土)にかけて、
小笠原諸島では大しけとりかなりの高波に警戒が必要になります。

10月12日(土)~10月13日(日)には
西日本または東日本の太平洋側に接近し、
日本列島の広範囲にわたって
暴風雨などの甚大な影響が出るリスクがあります。

該当する地域の方は
まず
命を守る対応をお願いします。

⇒随時、進路予想を確認して下さい。

10月13日(日) 午前8時~10月13日(日)昼前までに九州南部に上陸する見込みです。

このような進路予想をしているのは
日本の気象庁と米軍だけなのでしょうか?

他の多くの国々、世界各国の
台風19号の今後の進路予想をどう見ているのかも
知りたいところです。

世界各国は下記の進路予想をしています。

台風19号 世界の予想モデル!

世界各国の気象機関が計算したシミュレーションでは
10月11日(金)からの進路については
多少のばらつきがあります。

いずれにしろ
3連休の日本列島は荒れ模様になりそうです。

最大限の
命を守る行動が必要になってきます。

台風19号は2019年で最も強い台風になる見込み

台風19号は、10月9日(水)9時の時点では
中心気圧は915hPa、
最大風速は55m/s、
最大瞬間風速は75m/sとなる予想を専門家は立てています。

これは
2019年に発生した台風の中では
最大限な規模の台風になります。

この大型勢力を10月10日(木)9時時点でも維持しながら、
日本列島に接近する10月12日(土)9時でも維持したままと仮定するなら、
中心付近の気圧は935hPa、
中心付近の最大風速は50m/sと
最大限に強い勢力を保った台風であると考えられるのです。

台風19号 最大限の勢力を保ち 10月12日以降は本州に影響

西日本や東日本の太平洋側では
10月11日(金)~超警報級の高波となるおそれがありそうです。
10月12日~西日本から北日本の広い範囲で、
暴風や警報級の高波や大雨となる可能性があると気象庁は警報を出しています。

台風19号沖縄で暴風雨!

台風19号で沖縄本島東海岸では
最大級の高潮が下の投稿のように確認されています。
海岸付近は非常に危険なので
絶対、絶対近づかないでください!

沖縄のあなたはとても怖い思いをされていますね。
台風18号でも甚大なを被害を受けたのに

台風19号!

今年はどれだけ台風来るのでしょう!

台風19号に備えて沖縄・ 那覇のイオンでも物品が売り切れ続出!

那覇のイオンでも、
パン、
お弁当、
おにぎり、
肉類が売り切れ!と報告があります。

くれぐれも早めの準備をして
台風19号が接近して来たら
あなたとあなたの大切な人たちの
命を守る対応を最優先にお願いします。

スポンサーリンク
生活
このエントリーをはてなブックマークに追加
カズーラをフォローする
スポンサーリンク
50代でシンママに! 生活の知恵 老後 お金のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました